<< New York Minute A Cinderella Story >>

元気の出る映画。

最近、自分の映画離れが自分でもなんか怖かったけど、
ザ・マジック・アワーを観に行ったりして、「やっぱり映画はいいな」と思ったところで
「私の友達は元気を出したい時にMy Big Fat Greek Weddingを観る」と書いたけど、
私が元気を出したい時に観る映画って何かな?って考えた。

まぁその時の気分によるけど、結局ものすごく好きな映画であっても
シリアスなドラマものとかあんまり観ようと思わなくって、
やっぱり軽めのものが多いと思う。

大学の時は、リース・ウィザースプーンのLegally Blonde。
そもそも、この映画を観てなかったら私はアメリカの大学に行ってなかったかも知れない。
コメディとして優れてて大笑いできるし、辛くても頑張って勉強しようという気になるし、
いつもポジティブで明るいエルを観たらこっちも明るい気持ちになれるし。

邦画では、「かもめ食堂」。
これは日本に帰ってから出会った映画。
精神的に疲れきってしんどい時に観ると癒されて、ちょっと安定剤的な効果があります。

「めがね」も同じような効果があるけど、こっちは入眠剤というかw
すごく眠くなってしまうので、気持ちよく眠りたい時にピッタリ。

あと、また大学時代に戻るけど、ちょっと鬱々してた時にいつも観てたというか
寝る前に流したりしてたのが、Lost in Translation。
これはセリフが哲学的で良いというか、分かるよ!って部分が多くて心地良かった。
シャーロットの「I don't know what I'm supposed to be」という悩みが
私の悩みと共通してるし、淡い優しいトーンなので、癒し効果もあるし。

そして、Little Miss Sunshine。
ダメ人間に対して肯定的というか愛情がこもった描き方してるし
なぜか分からないけど、トニ・コレットを見ると元気が出る。
シックス・センスでもなんでも、トニを見たら安心する。
だからIn Her Shoesも良く観てたけど、あれはキャメロン・ディアスがやかましいので
あまり癒し効果はないかな。

他にも、ヘレン・ハントとサンドラ・ブロックが、私にとって「元気の出る女優さん」。
映画の内容に関わらず。

あと、元気を出したい時限定じゃないけど、何かしらよく観るのはSigns。
これは程よい軽さ・コメディ感・感動が全部いいバランスなので。
子供も可愛いし!

いくら明るくてもアホコメディだと、精神的に疲れてる時に観ると笑えなくてよけい疲れたりするし、
恋愛のことでヘコんでる時は正統派なロマコメは観たくないし、重いのも観たくないし、
内容なさすぎてもイライラしそうだし、そう考えるとSignsはほんとバランスが素晴らしい!

あと、アメリもボーっと綺麗な画面を眺めつつフランス語を聞き流すという使い方が出来るし、
ちゃんと内容追いながら観ても可愛くて楽しくて元気が出るし、貴重な映画だな。
[PR]
by amica_bambina | 2008-06-23 00:40 | 映画に関する雑記
<< New York Minute A Cinderella Story >>