カテゴリ:Films "D"( 17 )

Dark Shadows

a0003632_20554631.jpg
[邦題:ダーク・シャドウ]


もうティム・バートンとジョニー・デップのコンビはたくさんだと思っているので
あんまり観に行く気はなかったけど
パリの映画博物館でティム・バートンの特別展に行った日
暴風雨で他に何も出来なかったので、映画館に行ってこれを観てきました。

微妙に笑える箇所もあるけど、やっぱりグダグダ感は否めない。
もう本当にそろそろジョニー・デップと自分の嫁以外の俳優を使って映画を作って欲しいです。

ジョニー・デップも、ティム・バートン作品に出過ぎてるせいで
もっと真剣な作品に出る機会を逃してる気がするし、そろそろノーメイクでシリアスな役をやって欲しい。

ヘレナ・ボナム・カーター以外の女性陣は良かった。
(ヘレナもキャラクターや演技は当然良いんだけど、いつも出てるから有り難味がない)
クロエ・モレッツはだいぶ大人っぽくなって、めちゃくちゃ可愛かった!
あとエヴァ・グリーンは綺麗だったなぁ。
ミシェル・ファイファーも久しぶりに観たけど、相変わらず綺麗。

エンディングはなかなか含みがあって好きです。
でもこのコンビは本当にもういい。
[PR]
by amica_bambina | 2012-06-11 21:02 | Films "D"

Due Date

a0003632_16115261.jpg
[邦題:デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断]

私はdue date(期限日、納期)という言葉が嫌いです。
大学の課題の提出日を思い出すからです。
でも出産予定日のこともdue dateというので、この映画はそっちの意味。

ひょんなことからテイクオフ前の機内でケンカになって
危険人物として搭乗拒否されて飛行機を降ろされた他人同士の2人が
衝突しながらもレンタカーでアトランタからLAまで帰るというロードムービー。
主人公は、妻の出産を控えているので何があっても産まれるまでに帰らないと!ということ。

アメリカのコメディの王道を行く内容ではありましたが
同じ監督のハングオーバーシリーズに比べると、そんなに爆笑という感じではなかったです。

それにしても、最近のジュリエット・ルイスはこれとかローラーガールズ・ダイアリーとか
しょうもないちょい役ばっかりやってる。
カリフォルニアとか、ギルバート・グレープの頃は良かったのに・・・
[PR]
by amica_bambina | 2011-09-12 16:25 | Films "D"

Devil

a0003632_2335622.jpg
[邦題:デビル]

M・ナイト・シャマランが監督・脚本を若手フィルムメイカーに任せて、自分はプロデュースだけするという
ナイト・クロニクルズというコラボプロジェクトの第一弾。
ストーリーはシャマランのオリジナルで、脚本は名作ハードキャンディーの人。

エレベーターに閉じ込められた男女5人のうち1人が悪魔で、密室で恐ろしいことが起こるというので
シチュエーションスリラーかと思ってたけど、エレベーター内部だけで展開するわけではなく
主役は刑事で、ビルの警備員と共に監視カメラでエレベーター内で起こっていることを見ながら
救出するために尽力するというのが、まぁ主軸でした。

その刑事は5年前に妻子を轢き逃げ事故で失って以来
何も信じられなくなってアル中になったという、サインのメル・ギブソンを思い出させるキャラクター。

思ったほど怖くはなかったけど、すごく面白かった。
有名な俳優が一人も出ていないところも良かったと思うし。

シャマラン映画の神髄である、キリスト教に基づく性善説と人間の良心に対する信頼や
「この世に偶然はない。全ての出来事には意味がある」という思想が根底にあって
いつも通り、スリラーと見せかけて実は人間を描いているという
私の大好きなパターンが踏襲されていて嬉しかった。

ただやっぱりシャマランの脚本より薄味だったような。
エンディングも、いつものシャープな感じじゃなくちょっとベタでした。
シャマラン自身が脚本を書いたら、もっと良くなったんじゃないかなぁ・・・

でもまぁ一般受けしなかった映画やエア・ベンダーで相当評判を落として
シャマランが脚本書いて監督する映画には出資してくれる会社ももうあまりないと思うので
こういう形でしばらくやろうと思ったのかも知れないけど・・・

誰が何と言おうと、シャマランは私の期待を裏切ったことはないです。
エア・ベンダーは彼のオリジナルストーリーじゃないので観てないけど。
[PR]
by amica_bambina | 2011-08-03 23:51 | Films "D"

Did You Hear About the Morgans?

a0003632_21583436.jpg
[邦題:噂のモーガン夫妻]

あまり期待せずに観たけど、思ったより面白かった。
まぁベタな話ではあるけど・・・
何よりも、やっぱりヒュー・グラントがジョークをつぶやくと面白い。

サラ・ジェシカ・パーカーは、SATC以来ロマコメにしか出てないけど
どうしてもキャリーにしか見えなくて損だなぁ。
もっとシリアスな映画とか出れないのかな。

SATCの4人は演技力あるのに、ドラマのイメージが強すぎて
誰も女優としてその後活躍できてなくて残念。
[PR]
by amica_bambina | 2011-03-30 22:10 | Films "D"

Doubt

a0003632_0435757.jpg
[邦題:ダウト ~あるカトリック学校で~]

アカデミー賞で色々ノミネートされてたものの、地味そうなので興味なかったけど
ツタヤでサスペンスのコーナーにおいてあったので
「これサスペンスだったの?」と思って借りることに。

まず、メリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンの演技が圧巻!!
エイミー・アダムスも純粋そのものな感じで良かった。

内容はサスペンスというほどでもないけど、人間なら誰でも持ってしまう「疑う心」をテーマにしてて
微妙な疑い、確信をどの時点で持つのかとか心理面が面白かった。
ただ一番最後のセリフは、ちょっとどういう意味なのか分からなかったけど・・・
なかなか良かったです。
[PR]
by amica_bambina | 2010-11-25 00:49 | Films "D"

Definitely, Maybe

a0003632_23214836.jpg
[邦題:ラブ・ダイアリーズ]

さっきBSでやってました。
アビゲイル・ブレスリンが出てなかったら絶対観てなかったけど
やっぱりそんな良い映画でもなかった・・・

ただ、アビゲイルが父親に「ママとの馴れ初めを話して欲しい」と頼んで
父親が、ママも含めた3人の女性との恋愛の思い出を話して、その回想シーンが本編になってて
どれが自分のママなのか?という謎解きの要素もあるし
たまにアビーが、回想シーンの若かりし頃の父親にツッコミを入れたりするのが面白かった。

恋愛のストーリーは、正直言ってどれもどうでもいい感じでしたが
3人の女性のうちの一人がレイチェル・ヴァイズで、本当に美しい人だなぁと思いました。
[PR]
by amica_bambina | 2010-03-29 21:07 | Films "D"

Dancer in the Dark

a0003632_20125332.jpg
[邦題:ダンサー・イン・ザ・ダーク]

この映画は2000年公開で、「暗い」「怖い」「最悪」「ひどい」と言った感想しか聞いたことがなく
私自身、カンヌで評価が高い系は苦手だったし避けてきました。

でも「シネマ坊主」で、松ちゃんが10点満点をつけてたので気になって
私もこの10年でいろんな、本当にいろんな映画を散々観て免疫がついて
カンヌ系も、わりと理解できるようになった作品も出てきたし
そろそろ観るべき時が来たんではないかと感じて借りてみました。

結果、かなり面白かった!
暗くも怖くもないし、むしろミュージカルのシーンなんて明るいし。
もっと暗くて絶望的な映画が他にいっぱいありますよ、この世には。

よく「最後が衝撃的」とか書いてあるけど
最後ああなるのは、主人公自身が希望したことだし
ラストの何十分も前から分かってるから、衝撃でも何でもないと私は思うんだけど・・・
先月書いた「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」の方がよっぽど衝撃的なエンディングですよ。

この映画は、撮り方がとにかく変わっててすごい面白くて
そういう意味での衝撃は強かったです。
この監督は「ドッグヴィル」でも思ったけど、本当に個性的!!

そしてビョーク、歌の力がものすごかった。
映画に使われてる楽曲の作曲も彼女が担当しているし
演技も自然だし、本当に天才肌って感じ。
I've Seen It All、鳥肌立ちました。

他のキャストも、なんというか全員ものすごくしっくり来てて
キャスティングがすごい成功してるなーと思った。

ここからネタバレ
[PR]
by amica_bambina | 2010-01-19 21:16 | Films "D"

Dude, Where's My Car?

a0003632_11332322.jpg
[邦題:ゾルタン星人]

2000年にアメリカで観てあまりのアホらしさに感動したので、また観たいなぁと思っていたものの
日本で「ゾルタン星人」なんていう邦題になっているとは夢にも思わなかったので
全然探せなかった覚えがあります。

いやー今観てもやっぱり徹底したアホらしさが素晴らしい。
展開もアホらしいし、主役の2人のアホさもアホらしいし、何もかもがアホらしくて楽しいです。
もうあらすじの説明も不可能なほどめちゃくちゃです。

私の好きなとこは、2人が日本語を話すシーン。
ロッカーの中に「2時間短期集中日本語講座修了証」みたいのを見つけて
「オイコラ、オレタチ ニホンゴヲ ハナスーゾ!」
「スゲーナ!!」って言うのがたまりませんでしたw

これでアシュトン・クッチャーとショーン・ウィリアム・スコットは売れましたが
ショーンの方は今あまり出てこないですねー面白いのに。
アホな役だけじゃなくて、なんか精神に異常をきたした犯罪者役とかも出来そうなのに。
[PR]
by amica_bambina | 2009-10-16 11:39 | Films "D"

The Dark Knight

a0003632_22505061.jpg
[邦題:ダークナイト]

アメコミヒーローものだというのにIMDbでの評価が9.1で、
なんと「ショーシャンクの空に」と「ゴッドファーザー」に続く第3位に食い込んでいるのを見て
ヒース・レジャー以外にもよっぽど素晴らしい要素があるのかと思って観ることにしました。

確かに長いわりには退屈しないし、道徳的なテーマが良かったし
続きも気になるし、バットマンファンに取ってはこれ以上は望めない出来に違いない。
善悪の葛藤とかの描き方はわりと良かったと思う。

それでも、9.1に値するような優れた映画作品では絶対にない。
「アメコミ」というのはショーシャンクとかああいう映画と並んで評価されるべきジャンルじゃないし
それに目をつぶったとしても9.1はないなぁ。

ヒース・レジャーの演技はずっと人々の印象に残るものになったと思うけど
映画自体は、それこそゴッドファーザーのように何十年経っても語り継がれるかどうか。
あれだけ賞賛されたタイタニックも10年後にはジョークのネタと化したくらいだし。

前作でも思ったけど、漫画やアニメでは良くても実写になっちゃうと
突っ込みを入れざる得ない点が多かった・・・
特にバットマンはスパイダーマンとかみたいに特殊な力があるわけではなく普通の人間で、
敵も普通の人間(精神は病んでるけど)なわりには
科学的・物理的に不可能なことばっかりやってるのがどうかと思う。

バットマングッズはドラえもんのポケットの中身じゃあるまいしって感じだし
バットマンの人は結局お金の力がなかったら何も出来ないような・・・

ジョーカーもあんなに目立つルックスなのに、なんで簡単に病院とかに侵入できるのかと思うし。
あとTwo-Face、顔があんな状態になったら絶対普通にしゃべれないはずだし
なんで目玉だけ損傷受けてないの??

ゴッサムシティも、もっとフィクショナルな都市設定にすればいいのに
普通にNYとかシカゴみたいなアメリカの大都市のまんまだから
おかしい点が余計おかしく見えたな・・・

まぁ前作も8.4で、X-MENですら7.4なところを見ると
世の中にはこういう映画を好きな人の方が多いってことなんでしょう。

でもスパイダーマンやロード・オブ・ザ・リングを凌ぐ大騒ぎぶりは
やっぱりヒース・レジャーが亡くなった後に公開されたというファクターが大きいと思うし
映画の良し悪しに関係なくこういう社会現象になったことが面白いなぁと思います。

ヒース・レジャーは確かに良かった。
あのジョーカーは本当に印象的で、他の追随を許さないって感じです。
これからいくらでもすごい演技が出来たはずなのに、私達がそれを観ることもなくなったし、
こんな良い仕事したのに、この仕事に対する評価を受ける前に亡くなって本当に残念。

だけど、ジョニー・デップがいつもやってるような演技と言えなくもないし、
やっぱり亡くなったことによって評価が上がってると思うけど、それは自然なことだと思う。
まだ生きてたら「なんて素晴らしい演技!」で留まるけど
「こんな良い演技をした人がもういないなんて」という悔しさが評価に作用してくるのは当たり前だし。

他には、アーロン・エッカートがものすごく格好良かった。
クリスチャン・ベールは主役なのに全く輝いてないのもある意味すごいなぁ。
レイチェル役も、ケイティ・ホームズからマギー・ジレンホールに変わってよかったと思う。

次回作は一体どうなるのか、ジョーカーが出ないなら別に観なくてもいいけど
出るんなら誰がどう演じるのか気になるなぁ・・・
[PR]
by amica_bambina | 2008-09-20 19:27 | Films "D"

Dinner with Friends

ディナー・ウィズ・フレンズ
/ ワーナー・ホーム・ビデオ

2001年のテレビ映画(HBO製作)らしいですが、ツタヤで新作として入荷してました。

トニ・コレットとグレッグ・キニアがリトル・ミス・サンシャイン以前にも夫婦役を演じ、
その友人夫婦はデニス・クエイドとアンディ・マクダウェルという絶妙なキャスティング!
倦怠期の夫婦が2人きりの時どんな話や喧嘩をしてるのか、
妻同士、夫同士でそれぞれお互いの伴侶のことをどんな風に話しているのか
その辺がリアル(たぶん)で面白かったと思う。

結婚は現実で生活で、難しいよなぁとしみじみ思いつつ、
エンディングはちょっとあっけなくて、もっと長時間観ていたくなるような映画でした。
[PR]
by amica_bambina | 2008-08-28 11:38 | Films "D"