カテゴリ:Films "K"( 8 )

Killers

a0003632_18512376.jpg
[邦題:キス&キル]

Kiss & Killが原題だと思ってたので、映画が始まってKillersと出てビックリ。
そんなシンプルなタイトル、こけるに決まってるでしょうと思った。

運命的な出会いをして結婚した旦那が元殺し屋だったというベタなロマコメでした。
最近のロマコメはクオリティが下がってるなぁ・・・
1990年代後半~2000年代前半は、いいのがいっぱいあったのに。

アシュトン・クッチャーは相変わらず格好いいけど
ヒロインのキャサリン・ハイグル?はどうもプレーンすぎる感じで苦手。

ストーリーはベタだけど、やっぱりアメリカのコメディはセリフが面白いなぁと思った。
皮肉たっぷりなジョークが、日本人にはないセンスで好きです。
[PR]
by amica_bambina | 2011-10-30 18:50 | Films "K"

The King's Speech

a0003632_20312791.jpg
[邦題:英国王のスピーチ]

なんか、50代以上の世代とかが喜びそうな無難な映画なんだろうなぁと思って
期待せずに観たのですが、映画は期待よりさらに低かったというすごい結果になりました。
全く面白くなかった、びっくりするほど。

良かった点を挙げると、カメラワークとカット割り。それだけです。
とにかく退屈でした。
何もかもが浅くて、障害を克服するというのはもっと汚くて厳しいものじゃないのかと思ったり。

まぁテーマは地味だし、王室の実在の人物なのであまり勝手に脚色できないから
こういう感じにならざるを得なかったのかも・・・

ソーシャル・ネットワークがこれに負けたなんて個人的にはあり得ないですが
アカデミー会員は高齢者ばっかりなので、まぁこっちが好きなんでしょうね。
[PR]
by amica_bambina | 2011-09-19 20:35 | Films "K"

The Kids Are All Right

a0003632_13451970.jpg
[邦題:キッズ・オールライト]

この映画は絶対に好きだろうと思ったので
日本での公開前に、イギリスのAmazonでDVDを買っちゃいました。

すごく見心地の良い映画です!
LA郊外が舞台で、カラっとした夏の空気感が気持ちいいし
アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロの3人も
キャラクターが生き生きしてて、すごく良い。
無駄なシーンもあるような気がするけど、全体的には面白くて
エンディングもカラっとしてて好き。

レズビアンのカップルが精子バンクを利用して子供を一人ずつ産んで
お母さん2人、18歳の女の子、15歳の男の子という4人家族。
子供達が精子のドナー(=自分達の遺伝子上の父親)に連絡を取って会って
そこから色々問題が起こるという内容。

この同性婚のお母さん2人が、すごく自然なカップルらしい感じが出てて
アネット・ベニングとジュリアン・ムーアの演技力はもちろんだけど
監督・脚本のリサ・チョロデンコが実際にレズビアンで
パートナーと一緒に子供を育てているので
実体験から書いて演出してるから、こんなに自然に見えるんだろうなーと思った。

2人の馴れ初めを語るとことかは、すごく仲良くて幸せそうで可愛いし
パートナーや子供との関係がギクシャクする様子は
結婚生活や子育ての難しさをよく表してて
どこにでもいる家族の話という感じになってて、うまいなーと思います。

思春期のティーンエイジャーの描写もすごくそれらしいし
18歳の女の子が高校を卒業して大学のために家を離れるところも
いかにもアメリカの家族だし。

そういうどこにでもあるような家庭に突然現れて、ひっかきまわすのがマーク・ラファロ。
お母さん2人にとっては敵みたいな役だけど
嫌味のない魅力的なキャラクターで、かなり格好良い!
さり気ない演技で、アカデミー賞助演男優賞ノミネートも納得。

なんか文章にまとまりがなくなってしまったけど
これからも何度も観ることになるであろう映画がまた一つ増えました。
[PR]
by amica_bambina | 2011-04-18 14:32 | Films "K"

Kick-Ass

a0003632_23423139.jpg
[邦題:キック・アス]

吉本の芸人さんも褒めたりしてたから、相当おもしろいのかと思ってたけど
なんか期待外れでした・・・

せっかくイケてない男子高校生がヒーローになってみようとするっていうコンセプトなのに
最終的にはCGに頼って、現実にはありえない武器とか使って
普通のヒーロー映画並みに悪と戦う展開になっていってしまったので
「なんであえてそっちの方向に行くの?」と思った。

イケてない人らしく、もっとくだらないことでテンパったまま最後まで笑わせて欲しかったというか・・・
美人の彼女まで出来るし、イケてない設定にした意味がない。
スパイダーマンみたい。

あと、せっかくニコラス・ケイジとその娘とか、金持ちだけど嫌われてる同級生とか
濃いキャラがいっぱい出てくるのに、尺が短すぎて活かしきれてない。

そして、これでもかというほど続編を作る気満々な感じが漂ってたけど
あれは、商業主義のヒーロー映画を皮肉ってあえてそういうふうにしてるんじゃなくて
本気で続編作りたいのかなぁ・・・前者であってほしい。

ほんと、全体的に、ヒーロー映画をリスペクトしてるのかバカにしてるのか
何がしたいのかはっきり分からなかった。
キャラクター達は良かったんだけど。
[PR]
by amica_bambina | 2011-03-21 23:53 | Films "K"

The King

a0003632_2157660.jpg
[邦題:キング 罪の王]

キリスト教における「罪」の結果として生まれた子供が
今は牧師になって幸せな家庭を持っている父親に初めて会いに行ったら拒絶されて
その娘(=腹違いの妹)に手を出して堕落させたり
幸せで真面目な家庭(または、そのように見える家庭)を不幸に導いていく、
または、化けの皮を剥いでいく話。

すごい題材に手を出すな~と感心しました。
信仰心というものを疑ってかかるというか、キリスト教の在り方を皮肉るような内容で興味深かった。
信仰心の危うさとか、曖昧さがうまく表現されてました。
そして、進化論vsキリスト教とか
聖職者に罪を話して懺悔さえすれば全部チャラになるのか?という
基本的な問題にもぶつかっていて、すごかったです。

主役のGael García Bernalは、もちろん格好良かったし
ポール・ダノも、Little Miss Sunshineの時とは180度逆の役柄で良かった。
ちょっと自分の信じるものに対して、真剣すぎて狂信的なところは同じだけど。

進化論といえば、カレッジで人類学の教授が面白い話をしてくれました。
大学院を出て、教師になって初めて赴任した学校がクリスチャンの女子高だったらしく
進化論を信じていないクリスチャン達に受け入れてもらえないと心配した先生は
授業の初日に、「あなた達の信仰には何の反対もしないし、尊重しています。
ただ、この科目は学問の一つとして、割り切って授業を受けてくれたら幸いです」とか一生懸命説明して
みんな快く受け入れてくれたらしい。
すごく若くてまだ未熟な感じだったけど、真面目で可愛い先生でした。
[PR]
by amica_bambina | 2010-03-12 22:35 | Films "K"

KILL BILL vol. 1 & 2

a0003632_2122435.jpg
[邦題:キル・ビル]

タランティーノ関連で久々にというか、映画館で観て以来2回目を観てみました。
ほんとに面白い映画ですねー色んな意味で。
2000年代の名作ですね。

vol.1では、血しぶきがものすごい飛び散ってるけど
あれは全部昔のサムライ映画を手本にしてるということ。
映画館で観た時は、あまりに飛び散るのでこっちの血の気が引いたけど
昔の日本映画のあの嘘くさい血糊のB級感が、今観るとけっこう笑える。

血しぶき以外にも、日本刀を飛行機に持ち込んでるとか
テキサス⇔沖縄の直行便なんかないとか、
ルーシー・リュウとウマ・サーマンの日本語がおかしいとか
千葉真一の役名が服部半蔵とか、ツッコミどころが満載だし
日本人的には最高な映画です。
ルーシーの「胸にいちもつおありのご様子」とか、誰が訳したのかしら。

日本的な要素以外でも、ちょっとしたセリフが絶妙に面白かったり
The Brideの本名の部分はピー音が入ってたり
タランティーノのセンスは本当にイケてます。

あと、ダリル・ハンナ演じるエル・ドライバーが最高に格好良い!!
どの女性キャラも個性があっていいけど、エル姐さん本当に素敵。

vol.2では2人のトレーラーハウスでの対決が最高!!
エル姐さんは、冷酷にビルの弟を陥れて殺し、服部半蔵の刀をゲットするものの
元から隻眼だったのに、The Brideに残りの眼も引っこ抜かれてしまって
のた打ち回ってて、そのギャップがまたすごいです。
盲目にはなったけど死んではいないはず!
なので、続編での活躍を楽しみにしています。

最後の方では、The Brideが実は生きていた娘と初めて対面しますが
さっきまであんだけ人を殺しまくってたのに
いきなりあんな母性全開になれるのか?という疑問はあるものの
でも人間味があるということで、いいんじゃないでしょうか。
[PR]
by amica_bambina | 2009-12-14 21:36 | Films "K"

王の男

王の男 スタンダード・エディション
イ・ジュンギ / / 角川エンタテインメント
ISBN : B000MEXAOW

イ・ジュンギ好きだし、面白そうだから借りてみました。
いや~、面白かった!!!!
最近良い映画に当たらないなと思ってたけど、これは面白かった。
色彩も綺麗だし、感動的。

主役の芸人2人の関係は、「愛し合うカップルっぽいけど、どうなんだろう」と思いながら見て
見終わってから公式サイト見たら「固い友情で結ばれた2人」ってなってたけど
うーん、あれはカップルにしといた方が説得力があったんじゃないか。
カップルというか、友情以上の絆があるとかそういう感じにしといた方が。

あと、イ・ジュンギは体を売ってたということになってるけど
当時の韓国にそういう、男が男を買うとかあったのかよく分からないし
王様とも結局そういうことしてたのかも分かりにくかったし
もうちょっとはっきりした描写があった方が、韓国の歴史に疎い外人的には分かりやすいかも。

というわけで、公式サイトであらすじ読んだのを踏まえて、もう1回観ようと思います。
いやー面白かった。
[PR]
by amica_bambina | 2008-06-04 16:24 | Films "K"

Kill Bill vol.2

a0003632_16272962.jpg


おもしろかったと思う。
1よりエグくなくて、迫力ないけどユマ・サーマン頑張りまくりで。
なかなか面白かった。
観終わった後、なぜか爽快な気分になってた。

一緒に観に行った友達は、ガッカリした部分が多かったそうですが。
昔は暗殺者だった男が今は腐りきってるなんて・・・とか。

でもこの映画は完全にエンターテイメントに徹してるから、そこがいいところ。
別にもっと深く考えるためにまた観ようとかは思わない。
ただうぉー!って言いながらビックリして楽しむ映画だったな、私には。
vol.1ではもうちょっとタランティーノのスタイルとかについて考えた気がするけど。
[PR]
by amica_bambina | 2004-05-10 15:51 | Films "K"