カテゴリ:Films "Q"( 3 )

Les Quatre Cents Coups

a0003632_16214323.jpg
[邦題:大人は判ってくれない]

ヌーベルバーグの代表者フランソワ・トリュフォーの映画。
DVDには同監督による「あこがれ」という短編も入っていて、そっちから観ました。
ちょっとマレーナみたいな感じで、しかも17分で終わるから苦労なく観れたけど
本編の「大人は判ってくれない」は、開始5分で眠気が・・・

翌日、朝なら眠くならないだろうと思って見直し。
やっぱり眠くなったし面白かったとは言わないけど、なんとか観終えました。
私にはヌーベルバーグは難解すぎる。

この映画は、ストーリーは難解ではなかったけど
そこから何を受け取ればいいのかが難解で、全く何の感慨もなかったので
なぜそんなに名画と言われているのかも分からなかった。

家庭でも学校でも怒られてばっかりの少年がちょっとした盗みや家出をして
最終的には矯正施設みたいなところに入れられて、そこも脱走して一人で海に行ったところで終わり。

この少年はそんなに悪いことをしたわけでもなく、かと言って良い子だったわけでもなく
つまりものすごく普通の平凡な子供で、何も特別ではない。
家庭環境が不幸で毎日が大変なのは分かったけど、そんなに悲壮感もなく
なぜか途中で急に家族3人仲良く映画を観に行って笑い合ったりしてたし
あとはひたすら淡々と進んでいって、どうも心を動かされなかった。
もっと悪い子供や不幸な子供が出てくる映画はいくらでもあるし・・・

特に実験的な感じも見受けられなかったけど
当時は不幸な子供が不幸なまま終わる映画がなかったから
今までになく新しい→素晴らしい!という評価になったんだろうか。

ヌーベルバーグ以前のフランス映画はどんな感じだったのか、
そこから勉強しないとヌーベルバーグがどれほど斬新で革新的だったか自体が分からないな。
[PR]
by amica_bambina | 2011-12-19 16:37 | Films "Q"

Quando sei nato non puoi più nasconderti

a0003632_2042462.jpg
[邦題:13歳の夏に僕は生まれた]

日本では劇場公開されてないのかな?
アメリカでもされてないし、ちょっとマイナーなイタリア映画なんでしょうか。
たまたまツタヤで見つけたけど、面白かった!!

13歳の裕福な家の少年が、お父さんとヨット旅行中に海に落ちてしまって
助けられたのが、なんと不法移民がいっぱいの密航船。
そこで、ルーマニア人の兄妹と仲良くなって、イタリアの陸に着いたときに
彼らを助けるために両親に「彼らを養子にしてくれ」とお願いするというような話。

ヨーロッパの移民問題というのは、自分の国ではロクに仕事もなくて生きていけないから
イタリアとかに来て働いたり、売られてきたり、体や子供や臓器を売ったり、色々あるみたいだけど
日本ではあまり報道とかされないし、「題名のない子守唄」とかこういう映画を見ると勉強になります。
イタリアといえば、日本にとっては憧れの観光地って感じだけど
本当は綺麗なだけの国じゃないんだなぁってことが分かる。

この映画は、主人公の一家はかなり裕福な生活をしてるけど
でも性格がものすごくいいところが、私はいいなぁと思った。
主人公の少年の両親が、不法移民の子供のために力になりたいと本気で思ってたし。

まぁ子供が海に落ちて行方不明になる時点でかなりドラマチックだけど
その後もずっとドキドキするような展開で、最後どうなるのかな?と思いながら観てたんだけど
特に何も解決しないまま終わってしまうところがまた、素敵な映画だなーと思った。
現実は、2時間経ったら問題がうまいこと解決するなんてことはないんだし
余計、移民問題の絶望感が強調される感じで良かったです。
[PR]
by amica_bambina | 2010-03-29 20:36 | Films "Q"

Quills

クイルズ〈特別編〉
ジェフリー・ラッシュ / / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B0007WZTV6


マルキ・ド・サドの獄中生活を描いた映画。
これは実はすごーく良い映画です、人間の欲望の奥深さが描かれてて。
ジェフリー・ラッシュ、ケイト・ウィンスレット、ホアキン・フェニックスと、キャストも素晴らしい。

ジェフリーは精神病院に収容されてまで、何があってもポルノ小説を書き続けるサド侯爵。
ケイトはそれをこっそり出版するのを手伝う病院の洗濯係。
ホアキンは病院を経営する牧師で
聖職者なのに、ついついケイトに惹かれて妄想したりして苦悩する。
この苦悩っぷりがかなり上手です、ホアキン。

観てて楽しくもないし、観終わった後味も別に良くないけど
とにかく良い映画であることは間違いない、と思う。
[PR]
by amica_bambina | 2007-03-03 21:45 | Films "Q"