カテゴリ:Films "0-9"( 12 )

127 Hours

a0003632_1772263.jpg
[邦題:127時間]


一体何をうっかりしてたのか、映画館に観に行ってなかったので
レンタルが開始されてやっと観ることが出来ました!

これは映画館に観に行っておくべきだった。
ブラックスワンとかよりも、これこそ映画館で観るべきでした。

間違いなく、この映画とソーシャルネットワークこそが2010年度の最優秀映画の双璧です。
映画でこれほど感動と興奮したのは本当に久しぶり。

アーロン・ラルストンという実在の登山家が書いた体験記を元にした実話で
ラルストン本人も「ドキュメンタリー並みに正確に描写されている」と評価しているらしいけど
映像、芸術性、エンターテイメント性、脚本、心理描写、演技、どこもかしこも優れています。
たった1時間半に無駄なくまとめているのもすごいし。

スラムドッグ・ミリオネアのダニー・ボイルが監督、脚色、プロデュースの3役をこなしていて
スラムドッグと同じように、ものすごく躍動感があってパワフルな映像にワクワクしました。
キャニオンの景色と青い空が美しくて、ブルーレイを借りて良かったなぁと実感。

美しい景色の中をラルストン役のジェームズ・フランコがマウンテンバイクで疾走したり
女性2人組のハイカーと一緒に地下湖みたいなところに飛び込んで泳いだり。

そんなパワフルで軽快なオープニングを経て
1人に戻ってハイキングを開始したジェームズ・フランコは
映画開始からたった16分で、あっという間に谷間にすべり落ちて
一緒に落下した岩に右手を挟まれて、身動きが一切取れなくなります。


a0003632_1844848.jpg



ここからは、ひたすら孤独と恐怖と忍耐と絶望の無限ループ。
持っていたわずかな道具を駆使して、なんとか脱出しようと片手で奮闘したり
死を覚悟して、持っていたビデオカメラに家族へのメッセージを残したり
夜の寒さに凍えたり、水と食料が底をついて自分の尿を水筒に溜めて飲んだり。
そういった孤独な5日間が、こんな幅の狭い谷底で展開されます。

誰にも行き先を告げずに1人で来てしまったし
万が一捜索願が出されても、周りには砂漠しかなく谷底で誰からも見えない位置だし
生きてるうちに発見される可能性は限りなくゼロに近い。

挟まった右腕を切断して自力で脱出したとしても
治療を受けられる前に、出血多量か脱水症状か傷口からの感染で死ぬかも知れない。
その前に、安物のアーミーナイフで骨を切断すること自体不可能である。


まさに絶体絶命で、怖すぎて泣いてしまいました。
映画が怖くて泣いたのは、ユナイテッド93以来のような・・・
あれと同じくらい臨場感がものすごくて恐ろしかったです。

自宅のこたつでぬくぬくと暖を取りながら、お菓子とか食べながら
この映画を観ていることすら、ものすごく申し訳なくなってきます。

衰弱による幻覚や昔の思い出の映像が挿入されて、画変わりしないデメリットを回避しながら
家で心配してる家族とか友人とか、もしくは頑張って探してる捜索隊など外部の人を一切出さず
ひたすら遭難した本人のみを見せた点も、本当に効果的で素晴らしかった。


ラルストンの体験記に基づいた映画であり、本人も出来を褒めていると書きましたが
つまり、ラルストンは谷底で死なずに生還したということです。
どうやって生還したかは、もう奇跡の連続だったとしか思えない。
人間の力はすごいということにまた泣きました。

脱出方法を思いつく直前、ラルストンは小さい男の子の幻を見ます。
将来の自分の息子だと思ったそうで
実際7年後くらいに結婚して男の子が生まれました。

私はクリスチャンではないし、自分の近くに神様がいるように感じたことはないけど
確実にこの人の側には神がいたのだろうと確信しました。

あまりにも感銘を受けたので、観終わってすぐラルストンの体験記を注文しました。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/074349282X

YouTubeでドキュメンタリーも観ました。
こっちもものすごく怖くて感動的だった。
http://youtu.be/SyPBTblkzBI

このドキュメンタリーを撮るために、たった半年後に自ら事故現場に戻って
同じルートをたどって、自分でどういう状況だったかを細かく説明しています。

そんな短期間でトラウマや恐怖心を克服しているのもすごいし
しかも片手になってからも登山やアウトドアにチャレンジし続けているという、
もうヘレン・ケラー並みの奇跡の人だと思います。

そして、この奇跡の人を描けたのはダニー・ボイルしかいなかったと心底思います。
ダニー・ボイルが撮って、こういうレベルの高い映画になって本当に良かった。

最近ことごとくがっかりする映画が多かったので、本当に久々のヒットでしたが
次にこれほど感動できる映画に出会えるのはいつになることやら・・・
[PR]
by amica_bambina | 2012-01-09 19:15 | Films "0-9"

50/50

a0003632_1753183.jpg
[邦題:50/50 フィフティ・フィフティ]


アメリカ各地の批評家協会賞などで脚本賞にノミネートされてるので期待しつつ、年末に観に行きました。

医師の告知が冷淡だったり、嘔吐のシーンなども結構リアルだったり、登場人物もみんな人間らしくて
あまりオブラートに包んでない点と、それなのに常にコメディ感を忘れてない点が良かった。
こういうテーマの映画をそういうふうに作ることが出来るのはアメリカの強みだなと思う。

全体的な完成度は、思ってたほど素晴らしいとは思えず未熟な感じだったし
エンディングも私の個人的な好みとは違う方だったので、観終わった直後は微妙に感じたけど
普通に考えたら、この映画にはあの終わり方が相応しいかなと思います。
ちょっとご都合主義的過ぎでひねりがない気がしなくもないけど、まぁ夢を与えることも必要だし。

主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットは、ものすごく童顔+いつもちょっと傷ついたような表情で
どんな役をやらせても器用にこなすという意味で、日本で言うと嵐の二宮くん的な俳優だと思う。
今回もいい仕事してました。
ダークナイトの続編での活躍も楽しみです。

彼女役のブライス・ダラス・ハワードも、新米セラピスト役のアナ・ケンドリックもすごく良かった。
アナ・ケンドリックは、Up in the Air(マイレージ・マイライフ)の人だ!とすぐに分かったけど
IMDbを見ると、トワイライトシリーズのジェシカ(ベラの学校の友達)もやってるんですね。

そう言えば・・・という感じで、言われないと気づかないけど
「こういう人本当にいるな」と思わせる親近感や普通さを醸し出す能力があると思うので
名脇役として伸びていって欲しいなぁ。


ちなみに、映画館で隣の席に座っていた男性が
「たった今まで喫煙コーナーで喫煙してました」と言わんばかりにタバコ臭かったため
気分が悪くなってしまい、ちゃんと集中して観られなかったのが残念でした。

私は化学物質過敏症、受動喫煙症という体質で
目の前で吸ってる人がいなくても、臭いだけで頭痛や吐き気が出るので
電車でも隣の席の人がタバコ臭いとすぐ席を立って離れるんですが
50席くらいの狭いシアターで空席もほぼなかったので、鼻と口を手で覆いながら
ものすごく嫌な気分でそこに座り続けるしかなかったです。

映画の内容よりもタバコの臭いで気持ち悪かった印象の方が強く残ったため
感想も細かい部分が書けませんでした・・・

早く日本もアメリカやパリのように、公共の場所での喫煙は全面禁止になりますように。
日本の禁煙対策は、欧米に比べて50年くらい遅れてるそうです。
[PR]
by amica_bambina | 2012-01-04 18:57 | Films "0-9"

8 Femmes

a0003632_20563367.jpg
[邦題:8人の女たち]

アガサ・クリスティ的な古い感じの密室ミステリーで
演劇色が強いし、集中して観るのは結構辛かったけど
だんだん人間関係がぐちゃぐちゃになっていったところは面白かった。
オチにはそんなにビックリしなかったかな。
なるほど、という感じでした。

フランスの有名女優8人の競演とは言っても、普段フランス映画を観ないので3人しか顔が分からず
この8人の共演がどれほどすごいことなのか、いまいち分からないうえ
一人ずついきなり歌って踊りだすのには「・・・ん?」としか思えませんでした。

同じ監督の「スイミング・プール」は嫌いじゃないけど
そっちで主演してるリュディヴィーヌ・サニエは
顔だけ冷静に見たら綺麗とか可愛いタイプではないなぁと改めて思いました。

「スイミング・プール」では髪型や服装とヌードでセクシーさがすごい出てたけど
この映画みたいに髪型や服装をダサくしたら、なんか少年みたいな顔で。
フランス人女優と言えども、ワカメちゃんみたいなボブが似合わない人もいるんですね・・・
そう考えると、アメリのあの髪型がめちゃくちゃ似合うオドレイ・トトゥはすごい。
[PR]
by amica_bambina | 2011-12-23 21:09 | Films "0-9"

30 Minutes or Less

a0003632_1120347.jpg
[邦題:ピザボーイ 史上最凶のご注文]

こういうくだらないうえにミニシアターでしかやってないようなコメディこそ観に行くべきだと思いますが
私が観に行った時は観客は5人くらいで、みんな1人で観に来てました。
友達になりたいくらいでした。

ピザ配達のバイトをしているフリーターが、誘拐されて銀行強盗代行を強要される話。
主演のジェシー・アイゼンバーグは格好良いのにイケてない役がはまるし
強盗を手伝うことになる親友がインド系で
しかもその双子の妹と主人公が付き合っているという設定もいい感じ。
誘拐する悪人2人が本当の悪人ではなくただのアホなのも楽しい。

あと、映画トリビアがいっぱいで楽しかったです。
「ソーシャルネットワーク」に主演したジェシーが
彼女に「あの人のフェイスブック見た?」と聞かれて「あんなもんもうやめたよ」と言ったり。
インド人が「ハートロッカーはレンタルしたけど結局観てない」と言ったのも共感できるし。

そして字幕で、ビールの銘柄の上に「(ノンアルコール)」と出たところがあって素晴らしいと思った。
字幕と言うのはこういうことのために使うものだと。
日本人はアメリカのノンアルコールビールのブランド名を知らないから
ブランド名をカタカナにして書いただけではジョークが成立しないシーンだったので
括弧付きルビで説明されていてすごく良かったです。

でも誤訳もありました。
強盗に入る銀行の場所を説明する時、「オリーブガーデンの隣」というセリフがあって
字幕は「公園の隣」となっていましたが、オリーブガーデンというのはイタリアンのファミレスチェーンです。
字幕つけた人、ノンアルコールビールの銘柄は知ってたのにオリーブガーデンは知らなかったのかな?

字幕で面白さが再現されないのはいつものことでしょうがないけど
とにかくセリフなどのセンスが良くて楽しめました。

プロデューサーの中にベン・スティラーの名前もあって、なるほどなぁと思った。
脚本を書いた人は、これが初めての映画脚本みたいだけど
これからどんどん面白いものを書いていって欲しい!
[PR]
by amica_bambina | 2011-12-17 12:04 | Films "0-9"

27 Dresses

a0003632_10193624.jpg
[邦題:幸せになるための27のドレス]

子供の時からウェディングが大好きで、自分の結婚式を夢見ながらも
友達の結婚式でブライズメイド(介添え人)ばっかりやって自分がなかなか幸せになれない女性の話。
アメリカではよくあるパターンです。

こういう映画を見ると、アメリカ人じゃなくて本当に良かったなーと思う。
日本でも友達の結婚式に呼ばれると、ご祝儀やドレス、ヘアメイクでお金はかかるけど
当日の式、披露宴、2次会だけ行けばいいのでまだラクです。

アメリカはブライズメイドになってと頼まれたら、他のブライズメイドとお揃いのドレス着ないといけなくて
そのドレス選びから始まって、ブライダルシャワーだのリハーサルディナーだの
出席するイベントが多くて、そのたびにドレス変えないといけないからお金もかかるし
さんざん関わるハメになるので、すごく大変そう。

そういうベタなテーマの映画なのに、なぜ集客力のない無名の女優を主役に起用したのか、
しかもすごく地味でブレイクしそうにない感じの人を・・・
彼女に魅力を感じなかったことも大きな原因かも知れないけど
ストーリーが薄っぺらくてビックリでした。
けっこう流行ってたから、もうちょっとマシなのかと思ってたのに。

しかも、そんなに友達の結婚式のために色々企画するのが好きなら
ウェディングプランナーの仕事すればいいのにって思ったし。

ウェディング系のコメディだと、やっぱりアダム・サンドラーとドリュー・バリモアのThe Wedding Singerと
ジェニファー・ロペスのThe Wedding Plannerが最高ですねー。
[PR]
by amica_bambina | 2011-07-11 10:31 | Films "0-9"

1408

a0003632_22193132.jpg
[邦題:1408号室]

スティーブンキング原作の映画で最大のヒットとか書いてあったので借りてしまったけど
最後の30分くらいが全く意味が解らず、オチも解らずでした。

最初の方は刻々とホテルの部屋が恐ろしくなっていって面白かったんだけど
結局なんであんな恐ろしいことになったのかとか全く解らなくて
ストーリー破綻してる感じでした。
[PR]
by amica_bambina | 2009-09-12 22:22 | Films "0-9"

2:37

a0003632_10405662.jpg


[邦題:明日、君がいない]

オーストラリア映画を日本で見れる機会ってあんまりない気がするけど
これはカンヌと東京国際映画祭で評判になったとかで、わりと一般的に認知されてるみたいです。

最後に事件が起こるまで色んな高校生の1日がちょっとずつ描かれて
別の角度から撮られた同じシーンをリピートするという撮り方が
かなりエレファントに似てました。

監督本人も映像面はエレファントにインスパイアされたとコメンタリーで言ってるみたいだし
IMDbやYouTubeでも、エレファントのパクリか否かというディベートがかなり盛り上がってます。
私的には、どっちも好きだし、パクリかどうかはどっちでもいい。
ハリウッドでアメコミ映画ばっかり量産されてることに比べたら全然。

この映画での事件とは、ある生徒が校内で自殺すること。
それぞれの苦悩を見ながら自殺するのは誰なのか、観客は想像しながら見る感じ。

エレファントは最後の最後まで淡々と俯瞰で撮るだけだったけど
これはどんでん返し的なエンディングを迎えて、うーんと唸らされました。
意外とはいえ、実は一番あり得るエンディングだと思う。

監督は当時19歳の女性で、実際に自分の友人が自殺したことからこの映画を作ったようで、
みんな自分が一番辛いと思ってドラマの主人公みたいな気分になって生きてるけど
もっと周りを見てっていうメッセージが伝わってきます。

ティーンエイジャーとして生きることの精神的なしんどさはどこの国でも同じだなーと思った。
自分もティーンエイジャーのうちに作ったからこそ、こういうリアルなものが出来上がったんだろうなぁ。
それにしてもオーストラリアの高校はもうちょっとマシなのかと思ったけど
アメリカと同じようなもんなのね・・・
[PR]
by amica_bambina | 2008-11-15 10:54 | Films "0-9"

30 Days Vol.2&3

モーガン・スパーロックの30デイズトリプルパック
/ レントラックジャパン

さー続きを借りてきて観ましたよ。
Vol.2は、「クリスチャンがイスラム教コミュニティで30日間暮らす」と
「クリスチャンがゲイコミュニティで30日間暮らす」。

9.11以来、イスラム教について何も知らないのに「イスラム=テロリスト」という偏見が広がって
アメリカで生まれ育って暮らしている無害なイスラム教徒が差別されているという現状なので
これを観ることはすごく意義があった。
30日間イスラム教徒の家にホームステイしたクリスチャンの男性も
最初は異教の暮らしが辛そうだったけど、信仰は違っても人と仲良くなれることに気づいて
最終的には「たった5人がやったことで、他の何万人ものイスラム教徒までテロリスト扱いするのは
間違っている」という結論に達していた。

ゲイのほうも、田舎者のクリスチャンの男の子(20歳そこそこ)が
サンフランシスコのカストロで、ゲイの男性の部屋に居候して見聞を広めるというもので
最初はさすがアメリカの田舎者(もちろん共産党)というような差別的な発言を平気でするし
ゲイのことを宇宙人くらい異質なものだと思ってたようだけど
だんだん「ゲイも僕と変わらない生活をしている」という当たり前のことに気づいてきて
ゲイのルームメイトとも仲良くなり、偏見が取れていた。

アメリカでよく使われる「他人の靴を履いてみる」という慣用句は、
日本語でいうと「他人の立場に立ってみる」ということ。
アメリカでは日本以上にこれが本当に大事だと思う。

Vol.3は「ニューヨーカーが30日間自給自足のエコ生活を体験」と
「女子大生の母親が、娘の飲酒を止めるため自ら飲み続けて危険性を知らしめる30日間」。

環境問題に関して私もかなり学ぶところがあった。
水素で走る車も開発されているし、植物油やレストランの廃油でも車は走る。
もっともっと普及したらいいのに。

飲酒の方は、はっきり言って失敗していた。
母親が頑張ろうが、女子大生の娘が飲酒を辞めることはなかった。
いつか彼女も痛い目に遭うでしょう。
ていうか、やっぱり本人が痛い目に遭わないと無理なんだと思う。
もし本人が30日間限界を超えて飲み続けるという企画だったら
スーパーサイズミーみたいにひどいことになって反省しただろうし。

日本ではDVD3巻しか出てないみたいだけど
アメリカではもっとたくさんのエピソードが出てるんだろうか。
こんな良い番組はぜひDVDを買わないと・・・
[PR]
by amica_bambina | 2007-03-11 21:37 | Films "0-9"

30 Days Vol.1

モーガン・スパーロックの30デイズトリプルパック
/ レントラックジャパン
ISBN : B000FA4WLI

※ 映画ではなくテレビ番組です。

30日間マクドナルドの商品しか食べないとどうなるかという実験を
命がけで実行したモーガン・スパーロックという偉人がアメリカにいる。
その様子を記録した映画で、彼はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。

その彼が、アメリカのFOX系のケーブル局でテレビ番組を作った。
それがこの「30Days」です。
これを日本で放送したWOWOWは偉い、そのDVDを置いてあるうちの近所のツタヤも偉い。

どういう番組かというと、「30日間他人の立場で生活する」というもので
体験した人はもちろん、見てる人にも相当な衝撃を与えて目を覚まさせるというもの。
DVDのVol.1は、①「最低賃金で30日間生活」と、②「30日間アンチエイジング治療を受ける」。
ちょっとある意味電波少年系だけど、もっともっとシリアスで意義のあるものですね。

①は、モーガンと婚約者がオハイオ州で最低賃金の仕事をして30日間生活するというもの。
これは本当にメカラウロコでした。思わず2回も観た。
法定最低賃金は7ドルとかだけど、税金を引かれたら実際は手取り5ドル程度。
1日中肉体労働して45ドルくらいにしかならない。

もちろん車なんて買えないので、バスで生活。
アメリカ人は車で移動するのが当たり前なので
公共交通機関に頼るしかない生活の辛さを初めて実感するモーガン。
1日のバス代3ドルを浮かすために仕事先のコーヒーショップまで30分歩く婚約者。
2ドルのパンを買っただけで「私はバス代すら節約してるのに」と怒られるモーガン。

貧乏が原因で険悪になる2人を見て
「年収が25,000ドル以下の家族は、50,000ドル以上の家族よりも離婚率が2倍高い」という
統計も本当なんだろうなーと納得。

ストレスと寒さで婚約者は膀胱炎になり、モーガンは庭を掘り起こす仕事で腱鞘炎になり
保険もないのに病院に行ったため、2人合わせて1,000ドル近い請求が来て絶望する2人。

2人にとっては30日間だけど、実際に最低賃金で生きている人にはこれが一生続くわけです。
アメリカには国民健康保険がないし、生活費は高騰してるのに最低賃金は10年前から据え置き。
日雇い斡旋所で知り合った人の中には、22歳で4人の子持ちの男の人もいて
その人も1日働いて50ドル程度しか手元に入らない。

これでも放っとかれて、生きるために働くしかなく、病気になったら一貫の終わり。
そういう国だということが、これを見ない限り知りえない人達にも知れ渡ることが出来る。
スーパーサイズミーの時といい、本当に素晴らしいです、モーガン。

あと、お金のない人達のために家具や生活用品を寄付する人や、その寄付されたものを集めて
無料で提供する教会の様子も映って、モーガン達もその優しさに感動していた。
アメリカはこういうふうに、寄付がさかんというか当たり前なのは素晴らしい。
第三世界への寄付金もアメリカがダントツ一位。
そういう優しい人がたくさん住んでる国だけど、政府が分かってない。
世界一裕福な国なのに、国内に死活問題を抱えた人が多いってことをよく見ましょうよ。
いい加減国民保険くらい作れ。

②は、モーガンではなく、ある素人(34歳既婚男性)が若い頃に戻りたい!というわけで
30日間成長ホルモンとステロイドを打ち、1日40種類のサプリメントを飲むという生活をする。
そんなことしなくても、運動と正しい食生活だけで変われることになぜ気づかないのか。
本当にアホ。

これもスーパーサイズミー並みに恐ろしいことが起きていました。
いきなり40種類ものサプリを投入された肝臓がビックリして機能が異常になったり
この生活を始める前には1ccあたり80万個あった精子が、なんとゼロになったり。
ついに20日目くらいにリタイアしてました。

Vol.2と3も今週末借りて観るけど、全部でDVD3本、6話分しかないんだろうか。
アメリカでもたまーにやってるの観たけど、そんなに人気もなく、すぐ打ち切りになったのかも。
こんな意味のある番組なのに、それが分からないからアメリカはやっぱアホだ。
[PR]
by amica_bambina | 2007-03-05 19:59 | Films "0-9"

13 Going on 30

13 LOVE 30
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ISBN : B000AOXE9K

めちゃくちゃ可愛い、ジェニファー・ガーナー!
こんなに性格の良さが滲み出てる若手女優もめずらしいんじゃないかしら。
そしてマーク・ラファロはやっぱりここでもカッコいい。
顔がすごくカッコいいってわけじゃないのに、声もいいし何だか仕草や演技がカッコいい!!

まぁ後々まで印象に残るような映画じゃないけど、すごく可愛くて面白かった。
ジェニファーの可愛さに尽きる!
13歳の女の子がいきなり30歳になっちゃったっていう感じがよく出てて
本当に上手でした。

DVDのボーナスで、出演者が10代の頃ギーク(今でいうヲタとかダサい子のこと)だったってのを
告白するのがあって面白かった。
ジェニファーはバンドギーク(アメリカでは吹奏楽やってる子はダサいとされる)だったと言ってて
当時の写真もいっぱい公開してて、そういう過去を隠さないところがいいなぁと思った。
そしてその10代の頃のジェニファーの写真が
本当にこの映画で13歳のジェニファーをやった子に似てたのにもビックリ。

あと映画の本編で、編集長がジェニファー・ロペスが載ってる雑誌の表紙にピンを刺して
壁に突き刺すのがあってすごい面白かった。
ロペスと別れた後ベン・アフレックと付き合ってるのがジェニファー・ガーナーなんだもん。
J.Loに対する嫌味か?

masuちゃんとこからトラバ↓
13 LOVE 30 13 GOING ON 30
[PR]
by amica_bambina | 2006-06-17 18:57 | Films "0-9"