<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

赤い手

1997年冬の名曲です。

手袋を早く買ったらどうかとは思いますがw
実直そうな人の歌っていう感じがして素敵です。

「待ってるのが辛い季節だから待たせないで」と言いつつ
本当は辛くなさそうなのも微笑ましいし。
でも、「足がかじかんで一つになっている」ってどういう状態・・・?


[PR]
by amica_bambina | 2008-11-27 23:27 | No Music, No Life

Kate Winslet Tribute

私にとってケイト・ウィンスレットは世界一の美人、性格も良く、飾らず自然体で面白くて
家庭での役割も丁寧にこなしている良妻賢母、という理想の女性。
タイタニックであの美しさと強さに一目惚れして、ケイトの勇姿を拝みたいがために4回映画館に観に行きました。
それ以来10年間ずーっと不動の好きな女優第1位です。

タイタニックで売れた後も、ハリウッド大作を断ってインディ系に出たり
20代前半から地に足のついた人だったけど、今まだ33歳。
この年齢ですでに5回もアカデミー賞にノミネートされているのは彼女が史上最年少!
ちなみに歌もうまくて、「いつか晴れた日に」でのピアノ弾き語りは鳥肌ものです。

「ホリディ」で共演したジャック・ブラックは
「ケイトを間近で見つめて金がもらえるなんて、それが仕事だなんて信じられなかった」と語っていた。
確かに・・・ホリディでのケイトは本当に綺麗でした。

これはYouTubeで見つけた、ケイトの映画キャリアの一部をまとめたもの。
作った人の好みなのか、「乙女の祈り」からのカットがやたら多いし
「ライフ・オブ・デヴィッド・ゲイル」や「ホリディ」がないのが残念だけど
どのケイトも美しく、全力投球の演技で素敵!


[PR]
by amica_bambina | 2008-11-25 22:51 | 映画に関する雑記

Tess

a0003632_1204357.jpg

[邦題:テス]

トマス・ハーディ原作ということで、Judeを映画化した「日陰のふたり」が好きだし
大槻ケンヂの「グミ・チョコレート・パイン」の中にもこの映画のことというか
主演のナスターシャ・キンスキーのことが書いてあったので借りてみました。

「日陰のふたり」はイギリスの暗さがあんなに綺麗に(?)出てるのに
こっちはなんかのどかで明るいなと思ったら、イギリスじゃなくてフランスで撮影されたらしい。
ナスターシャ・キンスキーはものすごく可愛くてびっくりしたけども
映画自体はそんなに印象に残るものではなかったです。

運命に翻弄されまくる少女の話というと、日本人にとっては見慣れたもので
日本のドラマとかでもっとドロドロで面白いのがいっぱいあるからなぁ・・・
真珠婦人とか野島ドラマとか。
[PR]
by amica_bambina | 2008-11-15 11:58 | Films "T"

2:37

a0003632_10405662.jpg


[邦題:明日、君がいない]

オーストラリア映画を日本で見れる機会ってあんまりない気がするけど
これはカンヌと東京国際映画祭で評判になったとかで、わりと一般的に認知されてるみたいです。

最後に事件が起こるまで色んな高校生の1日がちょっとずつ描かれて
別の角度から撮られた同じシーンをリピートするという撮り方が
かなりエレファントに似てました。

監督本人も映像面はエレファントにインスパイアされたとコメンタリーで言ってるみたいだし
IMDbやYouTubeでも、エレファントのパクリか否かというディベートがかなり盛り上がってます。
私的には、どっちも好きだし、パクリかどうかはどっちでもいい。
ハリウッドでアメコミ映画ばっかり量産されてることに比べたら全然。

この映画での事件とは、ある生徒が校内で自殺すること。
それぞれの苦悩を見ながら自殺するのは誰なのか、観客は想像しながら見る感じ。

エレファントは最後の最後まで淡々と俯瞰で撮るだけだったけど
これはどんでん返し的なエンディングを迎えて、うーんと唸らされました。
意外とはいえ、実は一番あり得るエンディングだと思う。

監督は当時19歳の女性で、実際に自分の友人が自殺したことからこの映画を作ったようで、
みんな自分が一番辛いと思ってドラマの主人公みたいな気分になって生きてるけど
もっと周りを見てっていうメッセージが伝わってきます。

ティーンエイジャーとして生きることの精神的なしんどさはどこの国でも同じだなーと思った。
自分もティーンエイジャーのうちに作ったからこそ、こういうリアルなものが出来上がったんだろうなぁ。
それにしてもオーストラリアの高校はもうちょっとマシなのかと思ったけど
アメリカと同じようなもんなのね・・・
[PR]
by amica_bambina | 2008-11-15 10:54 | Films "0-9"

The Squid and the Whale

a0003632_2242241.jpg

[邦題:イカとクジラ]

普通の一家の家庭崩壊、それにともなう子供の転落の始まり的なものを
ものっすごいドライな笑いで描いた映画。
全く笑えなかったです、私は。

うーん、やっぱりウェス・アンダーソンは苦手らしい・・・
淡々として起承転結がないのはElephantと同じなのに、何が違うんだろう。
あ、Elephantはシリアスな映画だからいいのかな。

ウェス・アンダーソンの映画は、デッドパンコメディーなんだろうけど
どうも私の笑いのツボと全然合わないっぽい。

ただ、ロイヤル・テネンバウムズもそうだけど、キャスティングの絶妙さはいいなぁと思います。
[PR]
by amica_bambina | 2008-11-04 22:05 | Films "S"

Breakfast on Pluto

a0003632_2152497.jpg

[邦題:プルートで朝食を]

これは意外とストーリーに中身がなかったところが残念だった。
というか当時のアイルランド情勢を全く知らないので、そこら辺は分からないけど
主人公が自分らしく生きるために(+お母さんを探すために)故郷を離れて都会に行って
絶望して色々恋愛があって・・・っていう展開で、ちょっとベタでした。

でもキリアン・マーフィーはすごかった。
今まで、Red EyeとかBatmanシリーズの悪役しか見たことなかったので
これはかなり新鮮でした。

ただ、やっぱり普段はるな愛とか(笑)見慣れてると、
やっぱりこっちは演技なので男っぽさが残ってるよなぁ・・・と思った。歩き方とか。
でも当時のファッションがすごい素敵で、カーリーな髪型も可愛かった!

邦題は「プルートって何?どっかの都市?」ってなって、意味が分からない。
この際「冥王星で朝食を」にしたら映画の中で語られていたエピソードにより合うし
でなかったら全部カタカナで「ブレックファースト・オン・プルート」で良かったんじゃ・・・
[PR]
by amica_bambina | 2008-11-04 21:58 | Films "B"

Elephant

a0003632_13435036.jpg
a0003632_17533979.jpg

[邦題:エレファント]

久しぶりに深く感銘を受けました。
映像の美しさだけでもかなり感動的だけど、内容も素晴らしかった。
コロンバイン高校の事件がモチーフで、男子生徒2人が学校で銃を乱射するという話だけど
人気者とか、ダサくていじめられてる子とか、いろんな生徒の行動をちょっとずつ俯瞰で描いて
最後に事件が発生してもまだ淡々と映し続けるだけで、逆に衝撃があるというか・・・

セリフは大まかな流れが決まってるだけで、だいたい役者のアドリブということで
本当に普通の高校でそこら辺の生徒を適当に撮ったみたいな、さり気ない感じがさらに良かった。

カンヌでパルムドール取る系のあまりにも救いのない映画は好きじゃなかったけど
ガス・ヴァン・サントならけっこう大丈夫らしい。
Gerryも起承転結はないし謎だらけで後味悪いのに、なんとなくいいなぁと思ったし。
[PR]
by amica_bambina | 2008-11-02 13:23 | Films "E"

I Am a Sex Addict

a0003632_1349915.jpg

セックス依存症だった監督が自らを演じる再現VTRみたいな
レベルの低~いドキュメンタリー?映画。

これが実話かと思うと面白く観れるものの、
依存症の症状や人々の実態に迫るわけでもなく、克服する苦労の部分が一切描かれてなかったので
最後まで観ても何の感慨もなく、「これ何のために作ったんですか」と聞きたくなる映画。
依存症で実際に苦しんでる人が観たら怒りそう・・・

何より監督がブサイクすぎて、その点でも見るのがけっこうきついものがありました。
[PR]
by amica_bambina | 2008-11-02 12:52 | Films "I"