人気ブログランキング |
<< Zoolander Erin Brockovich >>

My Life without Me

a0003632_0325516.jpg


[邦題:死ぬまでにしたい10のこと]

2回目観てみました。
1回目よりさらに感動的だった。

「なんで死ぬ前にやることのリストの中に、『他の男と寝てみる』」と『誰かを恋に落ちさせる』があるのか」、
「あんな良い夫がいるのに、この女は自分のことしか考えてない」とか「何で不倫する必要があるのか」という意見が
IMDbや日本人が書いた感想にも多く見受けられる。
私も初めて観た時はちょっと「えー?」と思ったけど、今回観てみて、全然悪いと思わなかった。

だって17で初めて付き合った人と出来ちゃった結婚して、19で2人目出産して、
旦那は仕事が続かなくて常に失業中で、仲の良くない母親の裏庭のトレーラーハウスに住んで
深夜に大学を掃除する仕事してるなんて、全然いい人生じゃない。

自分は大学にも行けず、17歳からずっと子育てと仕事だけして、
旦那は良い人だし2人の娘も可愛いけど、決して満足な暮らしではなく
心の底では不満とか虚無感を感じ続けてきたはず。

そういう23歳の女の子が、そのうえ「ガンで数ヵ月後に死ぬ」って言われたら
そりゃー死ぬ前に冒険したり、1つくらいいい思いしたいと思うでしょ。
他に自分にどんな人生の可能性があったのかとか
旦那以外の誰かと出会って恋に落ちる可能性があったのかとか
そういう夢を見るのが当然でしょ。

それに、死ぬって分かってもヤケになって家族や仕事から逃げたりせず
まずは夫と娘達のために自分の代わり(新しい奥さん/ママ)を見つけることや
娘達が18歳になるまで毎年バースデーメッセージを録音したテープを作ることを優先してたし
駆け落ちしたりもせず、冷静に毎日家に帰ってちゃんと家族の世話をして
最後まで家族と一緒にいて、妻や母親としての責任は充分果たしていた。

そのうえで少し別の人生を味わってみても何の罪もないことだと、私は思いました。
その別の人生を、短い時間一緒に体験することになるリー(マーク・ラファロ)がものすごく素敵な人。
旦那がいかにも「ブロンドでちょっとマッチョで歯の白い爽やかな白人」という中身のなさそうなタイプなので
マーク・ラファロの深みのある落ち着いたキャラクターがより魅力的に見える。
誰でも、どうせなら死ぬ前にあんな人と恋愛してみたいと思うだろうし、
「My body hurt thinking you weren't gonna come. 」とか言われてみたいと思う。

今まで死んだように生きていた人が、死を前にした時に初めて自分の人生を生きなければと分かって
その時に出会ったリーのような人とクラシックな恋に落ちるという、
まぁある意味「マディソン群の橋」的なフェミニズムな映画ではあるけれども
死の描き方、人生の描き方がスペイン人監督らしく珍しい見せ方だし、
きちんと共感できるようにしっかり作られていて、映像も美しい、個性的な良い映画です。
by amica_bambina | 2009-03-15 00:17 | Films "M"
<< Zoolander Erin Brockovich >>