人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Before Sunrise

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
イーサン・ホーク / / ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B00092P62Q

注意:ネタばれあり。

色んな人が褒めてるし、いい映画なんだと思ってた・・・!
私は全然無理でした。

2人にケミストリーが感じられないし、どっちにも全く共感できない。
ジュリー・デルピーがやたら英語が上手いのも何か違う気がするし
2人でアホみたいに哲学的なことペラペラしゃべってるのが
正直うっとおしかった・・・

私としては、もっと英語の出来ないフランス人の女の子(可愛らしいタイプ)と
もっと誠実で暗そうなアメリカ人の男の子でやってみたらどうかと思う。
で、あんなペラペラしゃべらずに黙って観光して。

で、どうせなら二度と会わないっていう約束のまま別れて欲しかったー。
その方が美しいと思うんだけど。
続編どうしようかな・・・続きが気になることは気になるけどなぁ。
by amica_bambina | 2007-03-25 23:33 | Films "B"

Moonlight Mile

ムーンライトマイル デラックス版
ジェイク・ギレンホール / / ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B0000V4O7E

うーん・・・特に心に響かなかった。
特に感想なし。
このテーマだと、絶対もっと良い話が出来得たはずなんだけどな。
by amica_bambina | 2007-03-25 23:22 | Films "M"

Child's Play 2

チャイルド・プレイ2
アレックス・ビンセント / / ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B0006HBLXC

なぜ今時チャイルドプレイ?って感じですが
これの1を私は9歳の時に観て、車の中でチャッキーが警察の人を後ろから刺すシーンで
あまりの恐ろしさに、それ以上観ることを断念した思い出がある。

その8年後くらい、高校生になった私はスクリームのヒットをきっかけにホラー映画ファンになり
チャイルドプレイどころか、リングもわざわざ一人で夜中に観れるほどになった。
子供の恐怖心って、経験値ゼロで無知だからこそ強いのだなぁ・・・しみじみ。

そんな前置きはどうでも良くて、私が大人になってからチャッキーの花嫁だの種だの
続編が作られてはいたものの、「2も3も観ていない」という理由で観れなかった。
でも面白いシリーズなので、ちょっと今こそ観てみましょうか、と思って借りてみました。

でもアメリカにいた時、テレビでよく1をやってて、この2も途中から観たことはあったようだ。
まぁ何にしても、最初からちゃんと観たことはなかったから良かった。

可哀想な主人公の男の子とそのママは、あの事件(1の)で病気扱いされて
離れ離れになってしまったようだ。
男の子は里親に引き取られたものの、そこにもチャッキーがしつこく追ってきて
「チャッキーが・・・」と言う度に里親に「こいつ頭おかしい」と思われてしまうという
何とも不幸な境遇。

まぁ色々あって、男の子と同居人の女の子(16歳くらい)が人形工場に逃げ込む。
その工場がもう面白い面白い。
明らかに普通の人形を作る工場にはありえない恐怖マシンの数々。
何か「チャーリーとチョコレート工場」のもっとグロい版みたい。

アホみたいで何も考えずに観れる、面白いB級ホラーでした。
後味も爽やかw
さあ、次は主人公の男の子が16歳になってからという3に挑戦だ!
by amica_bambina | 2007-03-25 23:18 | Films "C"

An Inconvenient Truth

a0003632_110199.jpg

「不都合な真実」を観てきました。
9割がゴアの講演が流れてるだけで、ドキュメンタリー映画として優れているとは思えない。
スーパーサイズミーの方がよっぽど良かった。
何でスーパーサイズミーが取れなかったオスカーをこれは取ったんだろう。

映画としての見方はさておき、ゴアの講演は大学の授業みたいだった。
確かに分かりやすいし、色んな統計も使ってて現状のヤバさはよく理解できるけど
あれでアメリカ国民を実際動かすのは無理だと思う。
大学の授業みたいな内容じゃちょっと・・・

もっと具体的に「みんながスーパーでビニール袋をもらうのを止めたら
10年で実際これだけ地球の温度が下がる」とか
そこまで一般市民の生活レベルで話してあげないと。

その点30 Daysでは、エコ生活を体験する人が
「地球人全員があなたみたいな消費の仕方をしてたら
地球が12.5個ないと足りないよ」って言われていた。
この方が全然分かりやすいし、反省して行動に移ししやすい。

とにかく、「ハイブリッド車に乗れ」だけじゃなくて
もっと誰でも実行できるように、「スーパーに袋を持参する」とか
「エアコンの温度を2度下げる」とか、「使ってない時は電気を消す」とか
そういう具体例をもっともっと挙げてほしかった。

そしてゴア、実際に彼はハイブリッド車だけしか乗ってないんだろうか。
リムジンには一切乗ってないと断言できるんだろうか。
エアコンを極力使わないようにしたり、買い物に行ったときに袋を断ったりしてるんだろうか。
年間1万ドルも光熱費払ってるって話がほんとだとしたら、ただの詐欺師になっちゃうし。
真夏でも家と車の冷房を1回も入れない私の友達の方がよっぽど貢献してるよ。

まぁこの映画に意味がないとは言いません。
実際にこれを見たら現状のヤバさは分かるので、気をつけようと思う人も多いはず。
私もその一人で、これからは買い物袋を持参するし、電気も使用を控えることに決めた。

ただ、これをお金払って観にくる人は、元から関心があった人だし
ゴアの講演を聞きに来る人も、関心があるから来るわけだし。
問題は、関心のない人(地球人の大部分)をどうやって動かすか。
by amica_bambina | 2007-03-21 20:37 | Films "I"

DEATH NOTE

DEATH NOTE デスノート
藤原竜也 / / バップ
ISBN : B000MGBOKM

【前編】
おおー、さすが日本中が大騒ぎしてた(してたよね?)だけあって
面白かったです!!
あのCGの死神がCGにしか見えないけど、まぁそれは他の映画でも同じだし。
まだまだCGと実写の融合はリアルさに欠けるのはしょうがない。

藤原達也はいつ見ても演技上手いし、香椎由宇ちゃんもいいし
L役の松山ケンイチくんもかなりいいキャラでした。
彼は今後要チェックや!!

撮り方がもうちょっと芸術的ならもっと良かったかも知れないけど
大衆映画としては大成功でしょう。
アメリカでもこれは受けるんじゃないかなぁ。

後編は全部レンタルされてたのでまだ借りてないけど
早く観たいでーす。

【後編】
ますますLがかっこ良くていいキャラだった。
それに尽きる。

何か難しかったというか、日本語が足りてなくて「?」と思った部分も多かった。
「このノートに名前を書いた人は13日以内に名前を書かないと死ぬ」とか。
普通の日本人はこの文を理解できてるというのか・・・?
「誰が誰の名前を13日以内に書かないと死ぬの?」って私は思った。

ストーリーのインパクトは前編の方があったかなぁ・・・
でも面白かったし、スピンオフも楽しみにしてます。
by amica_bambina | 2007-03-18 22:16 | 日本映画 た行

My Life without Me

死ぬまでにしたい10のこと
/ 松竹
ISBN : B0001CGNJY


↓ちょっとネタばれありです。

色々話題になってたものの、どうも観る気がしなかったこの作品。
でもマーク・ラファロが出てることが判明した途端借りてみました。

あんまり泣かそう泣かそうとしてないのが良かったかも。
実際死ぬシーンもないし、さっぱりした終わり方がアメリカンな感じ。
カナダの映画だけど。
偽善的でもなく、淡々としてたし。

マーク・ラファロはどうしてあんないい味出せるんでしょうねー
どれだけ演技の勉強とかしても、努力で出せない味っていうものを
彼は元から持ってる感じがする。
あの声と話し方(アクセントやスピード)も、ずっと聞いていたくなるし。
by amica_bambina | 2007-03-18 22:08 | Films "M"

ただ、君を愛してる

ただ、君を愛してる スタンダード・エディション
玉木宏 / / エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
ISBN : B000LP5H02


玉木宏かっこいい!
そして映像がきれい!!
それ以外はツッコミどころ満載の映画でした。

玉木宏は子供の時から何か皮膚炎みたいので薬を塗り続けてるけど
何十年も治らない皮膚炎って一体ナニ??
明らかに薬効いてないんやん・・・

宮崎あおいも、何か生まれつき病原菌を持っていて
成長したらその病気も育つから成長しないように暮らしてたって・・・何それ。
そういう暮らし方したとしても、20歳まで乳歯が残ってるとかありえんやろ・・・

玉木宏は、もともと黒木メイサが好きで、黒木メイサも玉木宏のこと好きなのに
なんとなくそのままの状態で3年が経つってのもおかしい。付き合えよ。
しかもそんな微妙な2人なのに、一緒にウェディングフェアとか行って結婚写真撮ってるし。

しかも、その2人の微妙な関係を知りながら宮崎あおいが玉木宏の家に住みついて
それでも玉木宏には恋愛感情はなかったけど
キスした途端いきなり宮崎あおいが好きだったと気づいて、黒木メイサを振る・・・
なんじゃそら。

何かセカチューとかもそうだけど、男の人が書いた恋愛小説が数年前から流行ってるけど
どうも男の妄想というか幻想が丸出しで
女子から見たらすごい非現実的でくだらないんですけど・・・

「いま、会いにいきます」は良かったんだけどなぁ・・・
by amica_bambina | 2007-03-18 02:56 | 日本映画 た行

30 Days Vol.2&3

モーガン・スパーロックの30デイズトリプルパック
/ レントラックジャパン

さー続きを借りてきて観ましたよ。
Vol.2は、「クリスチャンがイスラム教コミュニティで30日間暮らす」と
「クリスチャンがゲイコミュニティで30日間暮らす」。

9.11以来、イスラム教について何も知らないのに「イスラム=テロリスト」という偏見が広がって
アメリカで生まれ育って暮らしている無害なイスラム教徒が差別されているという現状なので
これを観ることはすごく意義があった。
30日間イスラム教徒の家にホームステイしたクリスチャンの男性も
最初は異教の暮らしが辛そうだったけど、信仰は違っても人と仲良くなれることに気づいて
最終的には「たった5人がやったことで、他の何万人ものイスラム教徒までテロリスト扱いするのは
間違っている」という結論に達していた。

ゲイのほうも、田舎者のクリスチャンの男の子(20歳そこそこ)が
サンフランシスコのカストロで、ゲイの男性の部屋に居候して見聞を広めるというもので
最初はさすがアメリカの田舎者(もちろん共産党)というような差別的な発言を平気でするし
ゲイのことを宇宙人くらい異質なものだと思ってたようだけど
だんだん「ゲイも僕と変わらない生活をしている」という当たり前のことに気づいてきて
ゲイのルームメイトとも仲良くなり、偏見が取れていた。

アメリカでよく使われる「他人の靴を履いてみる」という慣用句は、
日本語でいうと「他人の立場に立ってみる」ということ。
アメリカでは日本以上にこれが本当に大事だと思う。

Vol.3は「ニューヨーカーが30日間自給自足のエコ生活を体験」と
「女子大生の母親が、娘の飲酒を止めるため自ら飲み続けて危険性を知らしめる30日間」。

環境問題に関して私もかなり学ぶところがあった。
水素で走る車も開発されているし、植物油やレストランの廃油でも車は走る。
もっともっと普及したらいいのに。

飲酒の方は、はっきり言って失敗していた。
母親が頑張ろうが、女子大生の娘が飲酒を辞めることはなかった。
いつか彼女も痛い目に遭うでしょう。
ていうか、やっぱり本人が痛い目に遭わないと無理なんだと思う。
もし本人が30日間限界を超えて飲み続けるという企画だったら
スーパーサイズミーみたいにひどいことになって反省しただろうし。

日本ではDVD3巻しか出てないみたいだけど
アメリカではもっとたくさんのエピソードが出てるんだろうか。
こんな良い番組はぜひDVDを買わないと・・・
by amica_bambina | 2007-03-11 21:37 | Films "0-9"

変身

変身
玉木宏 / / アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B000ENUYR2

玉木宏と蒼井優主演ということで、ずーっとレンタル中でなかなか借りれなかった。
やっと借りれたというのに、全然面白くなかった・・・

東野圭吾ってミステリー作家なんでしょ??(読んだことはないんです)
白夜行(ドラマ)もこれも、全然ミステリー感がなかった気が・・・
映画の作り方も相当悪かったと思うけど。

しかし蒼井優ちゃんはやっぱり素晴らしい。
あの子の笑顔にはものすごい価値があるなー!
by amica_bambina | 2007-03-11 21:36 | 日本映画 は行

30 Days Vol.1

モーガン・スパーロックの30デイズトリプルパック
/ レントラックジャパン
ISBN : B000FA4WLI

※ 映画ではなくテレビ番組です。

30日間マクドナルドの商品しか食べないとどうなるかという実験を
命がけで実行したモーガン・スパーロックという偉人がアメリカにいる。
その様子を記録した映画で、彼はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。

その彼が、アメリカのFOX系のケーブル局でテレビ番組を作った。
それがこの「30Days」です。
これを日本で放送したWOWOWは偉い、そのDVDを置いてあるうちの近所のツタヤも偉い。

どういう番組かというと、「30日間他人の立場で生活する」というもので
体験した人はもちろん、見てる人にも相当な衝撃を与えて目を覚まさせるというもの。
DVDのVol.1は、①「最低賃金で30日間生活」と、②「30日間アンチエイジング治療を受ける」。
ちょっとある意味電波少年系だけど、もっともっとシリアスで意義のあるものですね。

①は、モーガンと婚約者がオハイオ州で最低賃金の仕事をして30日間生活するというもの。
これは本当にメカラウロコでした。思わず2回も観た。
法定最低賃金は7ドルとかだけど、税金を引かれたら実際は手取り5ドル程度。
1日中肉体労働して45ドルくらいにしかならない。

もちろん車なんて買えないので、バスで生活。
アメリカ人は車で移動するのが当たり前なので
公共交通機関に頼るしかない生活の辛さを初めて実感するモーガン。
1日のバス代3ドルを浮かすために仕事先のコーヒーショップまで30分歩く婚約者。
2ドルのパンを買っただけで「私はバス代すら節約してるのに」と怒られるモーガン。

貧乏が原因で険悪になる2人を見て
「年収が25,000ドル以下の家族は、50,000ドル以上の家族よりも離婚率が2倍高い」という
統計も本当なんだろうなーと納得。

ストレスと寒さで婚約者は膀胱炎になり、モーガンは庭を掘り起こす仕事で腱鞘炎になり
保険もないのに病院に行ったため、2人合わせて1,000ドル近い請求が来て絶望する2人。

2人にとっては30日間だけど、実際に最低賃金で生きている人にはこれが一生続くわけです。
アメリカには国民健康保険がないし、生活費は高騰してるのに最低賃金は10年前から据え置き。
日雇い斡旋所で知り合った人の中には、22歳で4人の子持ちの男の人もいて
その人も1日働いて50ドル程度しか手元に入らない。

これでも放っとかれて、生きるために働くしかなく、病気になったら一貫の終わり。
そういう国だということが、これを見ない限り知りえない人達にも知れ渡ることが出来る。
スーパーサイズミーの時といい、本当に素晴らしいです、モーガン。

あと、お金のない人達のために家具や生活用品を寄付する人や、その寄付されたものを集めて
無料で提供する教会の様子も映って、モーガン達もその優しさに感動していた。
アメリカはこういうふうに、寄付がさかんというか当たり前なのは素晴らしい。
第三世界への寄付金もアメリカがダントツ一位。
そういう優しい人がたくさん住んでる国だけど、政府が分かってない。
世界一裕福な国なのに、国内に死活問題を抱えた人が多いってことをよく見ましょうよ。
いい加減国民保険くらい作れ。

②は、モーガンではなく、ある素人(34歳既婚男性)が若い頃に戻りたい!というわけで
30日間成長ホルモンとステロイドを打ち、1日40種類のサプリメントを飲むという生活をする。
そんなことしなくても、運動と正しい食生活だけで変われることになぜ気づかないのか。
本当にアホ。

これもスーパーサイズミー並みに恐ろしいことが起きていました。
いきなり40種類ものサプリを投入された肝臓がビックリして機能が異常になったり
この生活を始める前には1ccあたり80万個あった精子が、なんとゼロになったり。
ついに20日目くらいにリタイアしてました。

Vol.2と3も今週末借りて観るけど、全部でDVD3本、6話分しかないんだろうか。
アメリカでもたまーにやってるの観たけど、そんなに人気もなく、すぐ打ち切りになったのかも。
こんな意味のある番組なのに、それが分からないからアメリカはやっぱアホだ。
by amica_bambina | 2007-03-05 19:59 | Films "0-9"