人気ブログランキング |

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

百万円と苦虫女

a0003632_16173257.jpg


蒼井優ちゃんが、友達が1人もいなくて携帯も持っていないという変わり者の女子の役。
その割にはレストランで接客業やってて、ウェイトレス仲間と一緒にルームシェアをすることになるという
別に人間嫌いじゃないんやん、という矛盾のある感じで始まります。

まぁ色々あって、結局1人あてもなく放浪の旅に出た優ちゃんは
海の家でアルバイトしてはサーファーに惚れられて逃げたり
農村の桃もぎのアルバイトをしては住み込み先の青年(ピエール瀧)に惚れられた挙句
町興しのための「桃娘」にさせられそうになってまた逃げたりします。

そして最後にたどり着いた地方都市で、ホームセンターの観葉植物とか花を売ってるとこでバイトし出して
そこの先輩の森山未來くんと恋に落ちるという、ここがこの映画の一番の見所なんですが
2人とも演技が自然だし、人付き合いが苦手な設定だからぎこちなくて微笑ましかったりもどかしかったりで
非常に可愛い感じです。

未來くんが本当に自然で、バイトのシーンでは「こういう店員いるなぁ」という感じだし
告白したりするシーンもこっちまでドキドキしてしまう感じでした。
かっこよかったー。

なかなか良い映画だとは思うけど、やっぱり同じ30代女性監督として考えると
西川美和さんに比べて撮り方とかストーリーも稚拙に見えてしまって
つくづく西川監督はモンスターだなぁと思いましたね。
by amica_bambina | 2009-08-23 16:29 | 日本映画 は行

Lars and the Real Girl

a0003632_15483090.jpg
[邦題:ラースとその彼女]

ラースという引きこもり気味な27歳の青年(老けてるけど)が
やっとビアンカという彼女を作ったと思ったら、それはラブドールでした。
しかもラースはビアンカと会話して、完全に人間だと思い込んでる様子。
まぁそれはいいんです、そういう人も世の中にいっぱいいるだろうし。

ただラースの家族や近所の人々まで、だんだんビアンカを人間扱いしていくというか
ラースに合わせてあげて「ビアンカが病院でボランティアしたがってるわよ」とか
なんか街の人全員で妄想を作り上げてる感じになっていくのがあり得なすぎた。
最後ビアンカの葬式までしてるし、何この異常な人たち・・・て感じでついていけなかった。
現実はもっと殺伐としたもんだと思いました。
by amica_bambina | 2009-08-23 16:12 | Films "L"

The Bridges of Madison County

a0003632_1540972.jpg
[邦題:マディソン郡の橋]

イーストウッド作品なので気になって借りてみたけど
うーん、もう1ヶ月くらい前なのであまり印象に残ってない。

イーストウッドは格好良かったけども
メリル・ストリープの顔が苦手なのであまりヒロインとして共感できないし
まぁ感傷的な、主婦の喜ぶ映画なんだろうなぁというくらいでした。
by amica_bambina | 2009-08-23 15:42 | Films "B"

20世紀少年(第1章)

金曜ロードショーで3時間もかけて観たのに意外とくだらなくてビックリ。
せっかく70年代のいい時代感が出てたし、異常な新興宗教というモチーフも良い感じだったのに
結局最後はCGですか。と思った。
ハリウッド映画の模倣でしかない。
by amica_bambina | 2009-08-23 15:33 | 日本映画 な行

Hard Candy

a0003632_15103081.jpg
[邦題:ハードキャンディー]

たまたまBSでやってたので観てみたら、ものすごく面白くて引き込まれた!!
14歳の女の子と30代の写真家(実は幼児性愛者)がネットで知り合って
写真家の家に女の子はノコノコついて行ってしまった・・・

と思いきや、実はロリコン男へ制裁を加えるべく全部最初から計画されていたことで
飲み物に薬を入れて意識を朦朧とさせて縛り付けて、散々いたぶった挙句
自分でロリコン男の去勢手術を執刀するという離れ業までやってのけるというブッ飛んだ話です。
この映画を作った人は、日本のニュースにインスピレーションを得たらしい。
女子高生が金銭目当てで中年男性を誘い、財布を奪ってホテルから逃げたとかいうよくある話。

私は女性なので、無理やり素人(しかも14歳の少女)に去勢されるという恐怖感が全然解らないし
正直おもしろく観てしまったけど、男性は怖くて見てられないのかも知れない。
でも別に視覚的なホラー映画ではないので、何も映ってないけど
たぶんそこが心理的にますます怖いのかも知れませんね。

登場人物が全部で4人くらいしかいなくて
本編のほとんどが少女とロリコンの2人だけで部屋の中で展開するので
閉鎖的な緊迫感が出てて素晴らしい。

少女役はJUNOで売れたエレン・ペイジ。
あどけないのに恐ろしい演技がさすが!
ダコタ・ファニングでやってみても違った恐ろしさが出て相当怖くなると思う。

恐怖のどん底で冷や汗かきっぱなしのロリコンは、Little Childrenのパトリック・ウィルソン。
ハゲなのにここまで格好良い人ってめずらしい。

というわけで、ユニークで面白い映画でした。とても。
by amica_bambina | 2009-08-23 15:29 | Films "H"

He's Just Not That into You

a0003632_1545927.jpg
[邦題:そんな彼なら捨てちゃえば?]

これこそ酷い邦題の最たるものっていう感じがするけど
アメリカでヒットしてたし観てみましたが、大して面白くなかったです。
Love Actuallyみたいなのを作ろうとして失敗しました、みたいな。

ディア・ドクターのような完璧な映画を観た3日後に観に行ってしまったので
さらにしょうもなく感じた。
エンディングの安直さもアホみたいでした。
by amica_bambina | 2009-08-23 15:07 | Films "H"

Tenacious D in the Pick of Destiny

a0003632_14524738.jpg
[邦題:テネイシャスD 運命のピックを探せ!]

いやーくだらなくて面白かった!
さえない2人がバンドを組んだものの全く売れず
今まで伝説のギタリストが使用していたという伝説のピックを
ロック博物館から盗み出そうとしたりする話です。

ジャック・ブラックが脚本も書いてますが、本当にロックが大好きだからこそ詳しい内容になってるし
歌もすごく上手いから成立してる映画ですね。
いいなぁ、ジャック・ブラックはどの映画でも必ずいい味を出してるし
コメディ以外のシリアスな映画にもそろそろ出て、ジム・キャリーみたいになってほしいな。
by amica_bambina | 2009-08-23 15:03 | Films "T"

All About My Mother

a0003632_1450211.jpg
[邦題:オール・アバウト・マイ・マザー]

ツタヤで100円なので借りてみたけど、100円で良かった・・・
途中までは面白かったけど、最後の方はだから何?的な感じでした。
やっぱりスペイン映画はあまり合わない気がするけど、同じ監督ならVolverの方が好きかな。
by amica_bambina | 2009-08-23 14:51 | Films "A"

Elegy

a0003632_14264023.jpg
[邦題:エレジー]

監督が「死ぬまでにしたい10のこと」の人なので、わりと気になっていて借りてみました。
ペネロペ・クルスの美しさは尋常じゃなかった。
特に最初の方、前髪パッツンのときものすごく可愛くてきれいでした。

ベン・キングスレーもおじいちゃんとはいえ格好良いので
この2人が愛し合ったりするのは画的には別におかしくはなかったけど
でもなんでわざわざ老人を選ぶのかなぁというのは解らなかった。

とりあえず恋愛っていくつになっても難しいなぁとは思ったけど
特に心を動かされるようなシーンもセリフもなかったかなぁ。
by amica_bambina | 2009-08-23 14:36 | Films "E"

ディア・ドクター

a0003632_13472427.jpg


西川美和監督の新作。
まだ3作目だというのに、まだ30代だというのに、このクオリティは末恐ろしい。
蛇イチゴ、ゆれる、ディア・ドクターと一作ごとに確実に作品の質が上がっていってる。
今回も非の打ち所がなく、完璧でした。

今までは家族をテーマにしてたけど、今回は農村でひっそり暮らす人々と、
彼らに絶大な支持を誇るたった1人のお医者さん(笑福亭鶴瓶)と、
彼を支えるたった1人の看護師(余貴美子)と、都会からやってきた研修医(瑛太)、
薬問屋(香川照之)、東京で医師として働く娘を心配させたくないという病気の未亡人(八千草薫)、
その娘(井川遥)など、いろんな他人が絡んでいます。

キャスティングがものすごく成功していて、全員が素晴らしい。
俳優の活かし方、魅せ方が巧いのも西川監督の良さの1つで、今回も本当に全員良かった。

構成もすごく良くて、一秒も目を離せないほど面白かった。
Dr.コトー的なほのぼのした話かと思ったら大間違いですよ。

鶴瓶が失踪した夜から始まって、瑛太が研修先に到着したところまで一気に戻って
そこからは時系列でいろんなことが起こる、その合間合間に失踪後の警察の捜査のシーンが挟まって
絶妙な緊迫感でした。
脚本の執筆力が尋常じゃないんでしょう、西川美和という人は。

どうしてあのタイミングで失踪したのか。
なんで周りの人は気づいていたのに気づかないふりをしていたのか。
鶴瓶はどうして未亡人の言うとおり一緒に嘘をついたのか。
失踪と同時にその嘘を明かしたのはなぜか。

たぶん「ゆれる」と同じで、観るたびに違う印象を持ったり
新しい発見があったりして、だんたん解っていくんだと思う。
すでにまた映画館に観に行きたいですが、とりあえず早くDVD発売してほしい!!!!


a0003632_1464040.jpg
by amica_bambina | 2009-08-23 14:07 | 日本映画 た行